【静岡/野菜】年間300品種以上の固定種・在来種の野菜と共に七十二の季節を巡る | MERCi MARCHE

2021/04/04 01:58

フードカルチャー・ルネサンス(静岡県三島市)生産者:鈴木達也


富士山の恵み豊かな箱根西麓三島の中山間池で、年間300品種を超える個性豊かな固定種・在来種の野菜を農薬や化学肥料は一切使わず自然の力を最大限に活かし育てています。



富士山、愛鷹山、箱根山、丹那盆地、そして駿河湾などに囲まれた静岡県三島市 およびその周辺地域は、清らかな水、豊富な緑、美しい自然に恵まれた地域です。その中でも、私たちの農場が位置する箱根山西麓中山間地域に広がる畑地は、関東ローム層のミネラル豊富で保肥性・保水性に富む良質で肥沃な赤土と、13世紀前半頃に箱根山から噴出したとされる水はけに優れた火山灰土から成ります。日本国内ではなかなか見当たらない相反する性質を併せ持つ土壌と、傾斜地による水はけの良さ、更には標高の高さによる冷涼な気候、南南西向きの日当たりの良さなど、野菜栽培にとって非常に恵まれた環境が整っています。

農業を通じて「食文化を原点から見直し、健全な食を地域社会とともに育み、次世代に繋げたい。」という想いは創業当初より変わりません。日本には美しい四季と移ろう季節を細やかに記した暦「二十四節気・七十二候」があります。私たちの暮らしは、気象の動きや動植物の細やかな変化を心と体で感じながら、移ろいゆく季節を身近に感じて過ごしてきました。めくるめく移り変わる季節とともに、収穫できるお野菜もどんどん移り変わっていきます。毎月、その時期にしか食べられない生命力溢れる旬のお野菜を「七十二の季節を彩る定期便」として、収穫したその日に農園から発送し、最高の鮮度でお届けしています。作り手である私たち社員自身も日々、家族とともに安心していただいている安全にこだわった食材です。ぜひ、年間を通じて季節の移ろいや恵みの豊かさ、本物の旬の味覚を感じて頂き、お客様の毎日の食卓が楽しく豊かなものになって頂ければ幸いです。


【野菜への8つのこだわり】


1.生物多様性を損なわない農法で自然の力を最大限活かした栽培

健康で生命力溢れる野菜「生物多様性環境」の生態系維持を重んじ、農薬や化学肥料は一切使わず有機肥料のみを使用し、コンパニオンプランツやバンカープランツといった植物の組み合わせによる共存共栄や病害虫防除の手法なども用い、月の満ち欠けによる動植物への様々な影響なども意識しながら、自然の力を最大限に活用して育てています。また、周囲の土壌環境や野菜の健康を害し、人体にとっても危険を伴う硝酸態窒素残留などの原因にもなる肥料過多な状況を発生させないよう、適切な施肥設計に努めています。



2.ミネラルと植物性由来の肥料を使った安心安全の土づくり

安全な土づくり「健康な野菜のすべては土から」を重んじ、肥料や堆肥は、有機JAS規格適合のものは勿論のこと、ミネラルと植物性由来のものを中心に、更には牛糞・豚糞堆肥ついては一切使用せず、緑肥主体の土作りを行なっています。(「生命の循環」の重要性に着目し、「遺伝子組換えでない無農薬・無化学的な飼料のみで衛生的な管理のもと健康的に育てられていることが明らかな牛舎・豚舎堆肥を使用する」という独自の厳しい基準を設け、長年探して参りましたが、現在のところ基準を満たすものが入手困難なため、上記の土づくりに至りました。)


3.何世代にも渡って受け継がれて来た固定種・在来種の種

安全な種子「健康な野菜は健全な種から」を重んじ、お届けする野菜は全て固定種・在来種(何世代もの長い歳月に渡って自然により淘汰もしくは選抜・育種されながら遺伝的に安定した品種)の種子より発芽し栽培されたものです。一部の野菜については自家採種も行っております。固定種・在来種の野菜は味が濃く風味が良いとされながらも   私達人間も姿・背格好が個々異なり個性豊かなように、同じ品種でも形や大きさが様々で不揃いとなり易いため大量生産・流通には向かず敬遠され、最近ではスーパーなど一般市場には殆ど出回らなくなってしまいました。※芋類など、種子を播かずに種芋から栄養繁殖する野菜を除きます。 ※固定種・在来種以外の種子としては、人為的に開発されたF1(一代交配)種、遺伝子組換え種子があります。


4.露地栽培へのこだわりとその時しか味わえない一期一会の旬の味覚

本物の旬の味覚「食材としての本質的価値」を重んじ、味覚・栄養価ともに最も価値が高い、本物の旬の野菜のみを取り扱っています。同時に野菜にも自然環境にも無理な負荷をかけないことも重んじ、露地栽培を基本としています。その年の一期一会の自然の恵みを、そして、季節の移り変わりに伴い、走り・盛り・名残り...と微妙に変化していく唯一無二の本物の旬の味覚を、ぜひご堪能いただければ幸いです。


5.収穫したその日に梱包・発送し、鮮度抜群の状態でお届け

抜群の鮮度「野菜は生きている」を重んじ、南瓜や薩摩芋など追熟貯蔵によって美味しさが増す一部の野菜や穀物、およびその他の加工品を除く、全ての生鮮野菜については、発送当日での収穫→梱包→発送といった、中間業者を一切介さない畑直送の最短フードマイレージでのお届けを原則としています。なお、追熟によって美味しさが増す野菜については味覚の変化の楽しみ方や一番美味しい食べ頃を考慮の上、お届け差し上げております。馬鈴薯の低温熟成貯蔵など一般的には知られていない美味しいお召し上がり方などもぜひお楽しみいただければ幸いです。


6.配送・保管環境への配慮

配送・保管環境への配慮「お手元に届き、口に入るまで」を重んじ、気温などの環境と野菜やその他食材の特性を考慮した上での配送方法(常温・クール便)の選択をしております。また、商品到着後も速やかに適切な環境での保管をしていただけるよう、お問い合わせいただければ、品目毎の保管方法のご案内もさせていただきます。


7.年間300品種のお野菜を、お客様ごとのニーズや好みに合わせてお届け!

圧倒的な品揃えとお客様ニーズの記録「毎日の食卓を楽しく豊かに」を皆さまとの合言葉とし、めくるめく移り変わる七十二の季節毎の自然の恵みの豊かさによってお客様の食卓を楽しく彩れるよう、国内外の伝統的な野菜や珍しい野菜、その他ハーブや野草等    国内では圧倒的品種数を誇る多品種の野菜を栽培をしております。また、その中からお付き合いの年を経る毎にお客様ニーズによりお応えできるよう、フィードバックは常々記録に残し、次期作付けに反映しております。


8.本質を追求し、健全な資源の活用、流通の在り方、情報提供を心がけています

ありのままの情報提供「自然本来の姿をありのままに」に立ち戻り、見た目重視によって安全性や栄養価などの本質的価値が喪失してしまうような消費者にとって不利益が多い食材は一切扱わない方針としております。資源活用の在り方、食材流通の在り方、情報提供の在り方の3つの観点から、食の在り方を今一度原点に立ち戻って見直すとともに、皆様の安全な食生活の基盤と食を選ぶ力、そして何よりも毎日の楽しく豊かな食卓の一助となれば幸いです。




農園のお野菜が食べられるレストラン


■ ABBA RESORTS IZU - 坐漁荘

■ L'ARGENT

■ Meison KEI

■ THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 仙石原